静岡発のホームページ制作・Web集客・映像制作ならIHOLDINGS

メニュー

助け合い文化の弊害

409 views
約 1 分
助け合い文化の弊害

よく海外の先進国と比べて
日本の生産性は抜群に低いと言われます。

日本のサラリーマンは
有給はとらず、
サービス残業もいとわないほど
勤勉であることで有名ですが、
長期のバケーションをとったり、
残業や休日出勤はしない海外のサラリーマンと比べて
なぜ生産性があがらないのでしょうか。

これは日本人は自分の仕事が終わったら、
他の終わっていない人の仕事をやることが
当たり前という文化で生きているからだと思います。

日本のサラリーマンは特にこれを異常なことだと思わないはずですが、
世界的に見ればとても異常性の高い文化です。

外資系の会社で勤めている人なら
日本人でもわかると思いますが、
ジョブディスクリプションという
あなたの仕事の範囲は○○と○○ですよー
という文書に基づいて雇用契約を結んでいるというのが前提にあるため、
その仕事をしっかり行っているかどうかで評価されます。

自分の仕事が終われば、
極端な話、隣の人がどんなに仕事を抱えていても
帰ってしまって問題ありません。

その人にはその人の責任があり、
その責任をとるのはその人と直轄の上司です。

こうして考えると当たり前のことだということが
わかると思いますが、
これが日本の多くの会社では
手伝わないことが“悪”のような風潮があります。

しかし、その分のお給料が
できない人からできる人に移るのであればまだしも
大して差がない状態で
できる人はどんどん仕事が増えてゆき、
できない人はどんどん仕事が減っていくのです。

不公平極まりないのです。

できる人はやがて正当な評価が得られていないことから
モチベーションが下がり、
できない人も何とかなるため、
改めようとしません。

これが日本企業が
長時間労働が大好きなのにもかかわらず
生産性が伸びない理由です。

助け合いはそのときは
いいかもしれませんが、
自分の仕事の価値にプライドを持つこともできず、
自分の仕事に責任を持つことも妨げてしまうのです。

日本で正当に評価を受けたければ、
自分のチカラで生きていくことも
選択肢のひとつになります。

会社という組織を通しているので
できる人の能力は、
できない人を養うために使われてしまいますが、
自分でビジネスをすればそのような搾取はなくなります。

いまはPCやネット環境があれば
自分で商品を仕入れたり、
ネットで広告を出稿して集客をして、
インターネットで販売まですることができます。
在庫さえ持つ必要がないビジネスもたくさんあります。

日本企業の体質が変わるには
相当程度の時間が掛かると思うので、
現状を疑問に思う人はまずは
自分の思考を変えてみることをお勧めします。

コメントする

*

Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Google +
Pinterest
Pocket
Evernote