静岡発のホームページ制作・Web集客・映像制作ならIHOLDINGS

メニュー

SNSでバズる!売上UP・集客UPへの近道!

199 views
約 1 分

《SNSでバズる!売上UP・集客UPへの近道!》

静岡県静岡市を中心に店舗や企業のホームページ制作や集客をお手伝いさせていただいていますが、SNSを利用して集客や売上げアップに繋げたいというご相談が多かったので今回は、[SNSでバズらせて売上UPや集客UP]についてお話したいと思います。

《[バズる]ための近道》

そもそも[バズる]って何?って方もいるかと思います。

現在、多くの企業がTwitter・Facebook・InstagramといったSNSを売上UPや集客UPの販促ツールとして利用している所がどんどん増えてきていて、広告としては当たり前になってきています。

SNSは企業・店舗側のメリット[無料で情報発信]だけではなく、お客様側のメリット[気になるお店のリサーチ・情報収集]もできるのがSNSの大きなメリットです。

例えば[連日、行列ができるラーメン屋さん]でも外観は汚い・入りづらい・でもこんだけ並んでいるのだから美味しいんだろうな・行ってみたいなどという感情の順番から、行きたいお店が決まり、そこから店舗のリサーチをするという流れが今までの普段の生活だったと思います。

しかし、最近ではSNSでSNS映えしている可愛いものや美味しそうなどの写真が目に留まり見つけ出し、この写真SNS映えするから「行ってみたい」に変わっています。

飲食店ではどこの店舗も[自慢の一品]など絶対にあると思われるが、それは飲食店だからこそ[美味しい]が大前提の話だと思います。

しかし、最近では完全にSNS映えの見た目重視でどれだけSNS映えする写真や動画を投稿できるか的なところがあり、そういった店舗がお客様を集めています。

SNSユーザーの利用理由ランキングでは、[趣味に関する情報収集][商品、サービスなどの情報収集]が上位にランクインするように、いかにSNS映えする商品やメニューがあるかどうかになっています。

やはり、現状 若い女性に目をつけられるかが[バズる]近道ではないでしょうか。

《「バズる」という言葉を聞いたことがありますか?》

そもそも[バズる]って何?という方もいるかと思います。

[バズる]という言葉は若い子の間で流行っていて、「聞いたことがある」「知っている」方も多いと思います。

聞いたことはあるけど、あまり理解できていない方のために向けて解説していきたいと思います。

「バズる」の語源は英語の「Buzz」からきていて
・がやがや言う・噂する・ざわつく・ざわめく・忙しく動き回る
などと言った意味があります。

ちなみに、『buzztter』というTwitterで今トレンドの話題を表示するサービスも存在します。

そこから[バズる]という言葉が生まれたとも言われています。

マーケティングにおいて[バズる]はSNSでの口コミで話題になることです。

「情報が一気に拡散する」という意味も含まれています。

簡単に言えば[バズる]とは[流行っている]という意味でとらえると分かりやすいかと思います。

Twitter・Facebook・Instagramなどの拡散力を使い新商品やオススメのメニュー、期間限定イベントの告知などが話題になることを狙い、SNS同士の紐付けやSNSでの影響力の強いユーザーにアプローチしたりすることで一気に「バズる」ことを狙います。

このようにSNSを使って無料でバズらせることができれば宣伝費・広告費の削減はできるかと思います。

《どうすれば「バズる」の?》

「やってはいるけど、わからない」
「フォロワーが増えない」
「何を投稿していいかわからず更新していない」
「アクセス数が少ない・コンバージョンしない」

と言った悩みをよく耳にします。

やはり、更新は定期的に・マメにしないとそもそも見られることはありませんし、より多くのユーザーに対し、写真から伝わる第一印象で釘付けにすることはできません。

より多くのユーザーの目を引き、そこでユーザーにとってのメリットがある内容が情報発信できれば、新規顧客の獲得・リピーター・店舗や企業の知名度のUP・ブランディングなど、たくさんの効果が期待できます。

さてターゲットはどこなのか!

もちろん文章やキャチコピーで目を引きつけることも大事ですが、写真や動画で一瞬で目を引きつけて[バズる]方が強いです。

例えば店舗で言えば

・見た目カラフルなスイーツ
・斬新、インパクトのあるメニュー
・可愛い服、バッグなど
・可愛い・綺麗な店員、イケメン店員
・おしゃれな店内、外観
・美味しそう

などあり飲食店では美味しいが大前提ではあるものの、美味しさより まずは商品写真のインパクトの方が[バズる]ためには有効的かと思われます。

もちろん、動物の写真・子供も動画・おもしろ写真は人気で、そのほかには季節感の出ている写真で購買意欲を煽るようなタイミングを見計らった投稿も、その場のニーズの喚起に繋がります。

興味関心を引かないどうでもいい写真をどうでもいいタイミングで何枚もあげても、ユーザーからしたら実際どうでもよく、なんの共感も得られません。

商品に対して目を引く・気に入ってもらうことがやはり重要になってくるので、店舗紹介につながるいい写真をタイミングのいい時間に定期的にあげることがたくさんのユーザー・ファンを増やすために必要なことであり、最も有効的です。

《まとめ》

実際にはわかっているけどそれができないことの方が多く、写真や動画だけではなくハッシュタグを上手に使いこなし[バズる]ことも可能なので、トレンドのキーワードなどをリサーチすることもものすごく大事になってきます。

ハッシュタグ検索などの機能もありますので写真に自信がない方でもトレンドのリサーチによって[バズる]ことができるので、旬のキーワードや気を引くキーワードを常にリサーチしハッシュタグを上手に活用するようにしましょう。

日常生活の中にいろいろな[バズる]ネタが落ちているので、そう言ったことを常に意識し投稿ネタを準備することを心がけていれば、必ず[バズる]ことができます。

SNSで[バズる]ことにより売上UP・集客UPすることができます。

そのバズったSNSとホームページを紐付けてお くことでお店や企業の信頼度も増しますので、気になる方はお気軽にお問い合わせください。

IT導入補助金でホームページ制作の無料相談・無料診断

コメントする

*

Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Google +
Pinterest
Pocket
Evernote