静岡発のホームページ制作・Web集客・映像制作ならIHOLDINGS

メニュー

Photoshop入門 《選択ツールの基本的な使い方》

415 views
約 1 分

今回は選択するツールの種類と基本的な使い方を解説します。
選択したい形や、色の領域に合わせて選択するツールを使い分けて
効率よく選択範囲を作りましょう。

画像を部分的に切り抜いたり、
色を変えたり変形したりなど
効果を適用したい領域をあらかじめ指定するためには
その部分を選択をして囲むという工程が必要です。

Photoshopのツールパネルには
選択をするための複数のツールがまとめられています。

・長方形選択ツール
・楕円形選択ツール
・一行選択ツール
・一列選択ツール
・なげなわツール
・多角形選択ツール
・マグネット選択ツール
・クイック選択ツール
・自動選択ツール

など…

それでは、この画像をいろいろな形で選択していきます。

《長方形選択ツール》《楕円形選択ツール》

四角や丸でざっくり切り抜きたい場合は
[長方形選択ツール]や[楕円形選択ツール]を選びます。

まず最初に[長方形選択ツール]を選んでオプションバーから
[新規選択]を有効にして画像をドラッグし、
選択したい範囲を長方形で囲みます。

新規選択が有効になっている状態なので
もう一度画像をクリックすると
選択範囲が解除できます。

shiftキーを押しながらドラッグすると正方形で囲むことができます。

いずれかの[選択ツール]を選択している状態であれば
選択範囲をドラッグし、位置を調整することもできます。

次に同じように[長方形選択ツール]の下の
[楕円形選択ツール]を選んでドラッグをすると
楕円形で囲まれ、
shiftキーをクリックしながらドラッグすると
まん丸に囲まれます。

《なげなわツール》

形にとらわれずに自由な選択範囲を作る場合には
[なげなわツール]を使います。

ドラッグしながら好きな形に囲み
開始点にしっかり戻りマウスを離すと
自由な形の選択範囲ができます。

直線的に選択したい場合は
[多角形選択ツール]を選び
クリックをするたびに点で結ばれる形になり、
先ほど同様に開始点にポインターを合わせクリックすると
好きな形の多角形の選択ができます。

ここまでは手動で選択範囲を指定するツールでしたが
次は半自動的に選択できる便利なツールを解説します。

ここで一度選択範囲を解除しておきます。

[選択範囲]から[選択を解除]をクリックします。

《マグネット選択ツール》

《マグネット選択ツール》は半自動的に
選択するツールの一つです。

輪郭に沿ってドラッグをすると
自動的に境界線とポイントを追加していき
境界線で結ばれていきます。

極端に色や角度が変わる部分は
クリックをしてポイントを追加します。

開始点にポインターを重ねるか
または少し離れた部分でダブルクリックをすると
境界線が閉じられて形に沿った選択範囲ができます。

《自動選択ツール》

先ほどの選択範囲を先ほど同様に[選択範囲]から[選択を解除]をクリックし解除します。

自動選択ツールは特定の色の領域を同時に選択するツールです。

こちらの画像では、赤色の部分を一気に選択してみましょう。

一度に選択できる色の範囲を指定する[許容値]は32
[隣接(隣接ピクセルのみをサンプル)]を解除しておきます。

この状態で赤色の部分をクリックすると
赤色の部分だけが自動的に選択されます。

このように自動選択ツールは
複雑な形であっても色が同じであれば一気に選択することができる
便利なツールです。

《クイック選択ツール》

《クイック選択ツール》は《自動選択ツール》の上にあるツールです。

もっとも手軽で、思った箇所を選択しやすい優れた選択ツールです。

今回も先ほどの選択範囲を先ほど同様に
[選択範囲]から[選択を解除]をクリックし解除します。

《クイック選択ツール》を選択し
オプションバーから[選択範囲に追加]を
有効にしておきます。

画像の方にポインターを動かすとポインターの中心に
[+]のマークがつくことを確認しブラシサイズを調整します。

選択したい範囲をドラッグしながら囲っていくと
自動的に綺麗に選択してくれます。

しかし、色や形がくっきりはっきりしていない場合
うまく選択できず選択したくない箇所まで選択されてしまう場合があります。

そのような場合には、
macではOptionキー
WindowsではAltキーを押し続けると
先ほど[+]だったブラシが[-]に変わります。

この状態でドラッグして選択すると境界線を整えることができます。

キーを離すとブラシが[+]に変わりますので
[+][-]をうまく使い分けて
綺麗に調整しましょう。

選択範囲を反転させたい場合は
上部の[選択範囲]から[選択範囲を反転]を
選びます。

《被写体を選択》

《被写体を選択》ツールは今までの選択ツールとは違い
ワンクリックでAdobeの人工知能が選択範囲を自動的に作ってくれる
すごい機能です。

ワンクリックなので使い方の説明の仕様がありません。

[クイック選択ツール]のオプションバーに
[被写体を選択]をクリックするだけです。

一瞬で選択してくれます。

さすが人口知能です。

このように選択したい形状や色の領域に合わせて
選択ツールを使い分けて効率よく
選択範囲を作りましょう。

コメントする

*

Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Google +
Pinterest
Pocket
Evernote