静岡発のホームページ制作・Web集客・映像制作ならIHOLDINGS

メニュー

Photoshop入門《明るさ・コントラスト調整2》《色の調整》

906 views
約 1 分

画像編集をする基本的なツールや
効果の使い方をしっかり身につけましょう。
色や明るさの調整や
画像の気になる部分の修正やレタッチを覚えましょう。

前回に続き
[色調補正]ツールの使い方を
覚えていきましょう。

《[色調補正]トーンカーブ》

今回は前回よりワンランク上の調整ができる
調整レイヤー[トーンカーブ]を使ってみましょう。

前回、入れた[明るさ・コントラスト]を
目のマークをクリックし非表示にしておきます。

それでは、色調補正の上段左から3番目の
[トーンカーブ]をクリックします。

そうしますと属性パネルが開きます。

こちらにも手軽にできる調整したい時に便利な
[自動補正]と言うボタンがありますので
クリックして試してみましょう。

自動補正をクリックしますと
下記画像のような
左下から右上に伸びる曲線が表示され
自動で明るさを調整してくれます。

このような曲線が基本的な形状なので
覚えておくといいと思います。

曲線状にポイントがついていて、
左側のポイントを下げると
画像の暗い部分だけが暗くなり、
上げると暗い部分が明るくなります。

右側のポイントを下げると
明るい部分が暗くなり、
上げると明るい部分が
もっと明るくなります。

色調補正の[トーンカーブ]では
このように曲線を自由に動かして
全体の明るさとコントラストや
色の調整も細かくできると言う
少し高度なツールです。

トーンカーブの調整は慣れないと少し難しく
調整している間に何が正解なのか
わからなくなってしまうことがあり、
ご自身の色の好みにもよりますので、
元の画像と見比べながら調整したり
納得がいかなかった場合は元の画像に戻すこともできますので
何回もやってスキルアップしていきましょう。

《色の調整》

明るさやコントラスを調整してきましたが
今回は[色]の調整をしていきたいと思います。

画像の色味が少し良くない場合などに、
自動的に調整してくれるツールや
手動で自分の好みに合った色に調整できる便利な
調整レイヤーのツールを覚え活用していきましょう。

写真を撮影した際に光の色によって
うまく撮れず、本来の色ではない場合があります。

室内ではこの写真のように
黄色味がかった感じになってしまうことがあります。

このような画像の色味を修正することも
手軽にできてしまいます。

それでは、本来白であるべき場所なのかを探します。
この画像では、お皿が当てはまります。
こちらを調整していきます。

もっとも簡単な方法は
[イメージ]から[自動トーン補正]を選ぶと
Photoshopが自動的に明るさやコントラスト、
色のバランスが整うように調整してくれます。

画像によってはこの作業だけで
出来上がりになったりしますが、
極端に色味ががった画像である場合
思った通りの仕上がりにならない場合があります。

その場合は一回元の画像に戻して
他の方法で試してみましょう。

上の編集メニューから[1段階戻る]をクリックし
元の状態に戻してから、
[イメージ]から[自動カラー補正]を試してみます。

それでもまだ、色が抜け切れてなかったりする場合には
半自動的にカラー補正をしてみましょう。

もう1度、上の編集メニューから[1段階戻る]をクリックし
元の状態に戻してから、
[レイヤー]から[新規調整レイヤー]に
カーソルを合わせると、
色調整をするレイヤーの項目がたくさん表示されます。

上段の4つの項目は
主に明るさを調整する機能なのですが、
[明るさ・コントラスト][レベル補正][トーンカーブ]には
半自動的に調整してくれる便利な機能があります。

今回は[トーンカーブ]を選択します。

そうしますとこのように表示されますので
わかりやすくレイヤー名を変更するのであれば
レイヤー名を変更し[OK]をクリックします。

すると属性パネルが開きます。

この属性パネルの左側にスポイトが3つ並んでいます。
一番上のスポイトは画像の暗い部分
二番目は中間の明るさ
三番目は明るい部分をそれぞれクリックして
指定すると言うツールです。

それでは、上から三番目のスポイトを選択し、
画像の最も明るい部分にスポイト合わせクリックします。

クリックするとそこの色に合わせて
画像全体の色味が変化します。

まだ少し黄色っぽさと赤っぽさが残っているので
この状態から色別に明るさやサイドを調整していきます。

[レイヤー]から[新規調整レイヤー]で
[色相・彩度]を選択し、[OK]をクリックします。

属性パネルが開きましたら
左上に指のマークがありますのでクリックします。

この状態で画像の調整したい箇所にポインターを合わせて
クリックしながら右にドラッグすると
該当する色の彩度を強め、
左にドラッグすると地味になります。

この調整をすることによって
選択した箇所と同じ色の領域も鮮やかになります。

選択した色によって上記画像の囲った部分が
切り替わります。

その色のバランスを見て
[彩度]や[明度]を調整することにより
選択した同じような色だけが変化するようになります。

仕上げに全体的に彩度を高め、
より良い写真にします。

[レイヤー]から[新規調整レイヤー]→[自然な彩度]を
選択して[OK]をクリックします。

属性パネルが開いたら、
[自然な彩度][彩度]2つのスライダーが表示されます。

[彩度]のスライダーを右に動かすと
全ての色が鮮やかになり、不自然になりがちです。

[自然な彩度]を右に動かすと、
画像の地味な色を優先的に鮮やかにすることができます。

自分の好きな色に調整できたら
[レイヤー]パネルに戻り
目のマークを非表示にし、元の画像とどのくらい
変わったかも確認することができます。

今回お伝えしたように
Photoshopでは自動的に色の調整をしてくれたり
便利な機能がありますので活用して見てください。

コメントする

*

Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Google +
Pinterest
Pocket
Evernote